カメラはスマホで十分だなんて、ボクは絶対に言いたくない。


この文章が、全ての迷えるカメラオタク達への勇気の賛歌となればいいと思う。

僕は決して画質とか解像度厨ではない。そして、重度のガジェットオタクであり、ガジェット大好きな人間である。その事を前提にこの記事は読んでいただきたい。

しばらく前の事。色々、僕にカメラのことを教えてくれた会社の後輩から、

新しいiPhone買いましたよ

なんて連絡があった。

iPhoneは世代交代のたびに、かなりのカメラ性能向上を謳っており、もうコンデジなんていらないんじゃないか、なんて記事をアップしている人もいて、興味本位で、

「カメラとか良くなってるみたいね」

なんて返事を返してみたところ、ちょうどラーメン屋に行っていたらしく次のような写真を送ってくれた。


おう、これはなかなか。

カメラに詳しい方ならわかると思うけど、夜のラーメン屋は屋内撮影になるので、フラッシュを炊かなければ、センサーが高感度に傾いたり、手振れもしやすかったりで、様々な理由で綺麗な写真を撮るのが難しい。

そういった条件下でこの程度撮れれば、確かにコンデジはもういらない、なんて書く人の気持ちもわからなくはない。




そして。僕のようにカメラに興味を持ってから日の浅いような人間は、常々、一眼レフや僕の所持するミラーレス一眼みたいなものが本当に必要なのか、その重量に見合ったパフォーマンスを発揮する装備なのか、俺の変態装備が馬鹿だと思われていないかなどと、自分自身に日々疑問を投げかけているわけで、iPhoneのようなカメラ機能がおまけのガジェットで綺麗に撮れるという事実が、とても興味がある一方で、不安の源泉にもなっている。


そんな事を考えながら、しばらく、新しいiPhoneのカメラ機能のレビューの記事をインターネットで見ながら、「オウ、コレハ、、、」「ウーム、ナカナカ、、、」などと、ビクビクしながら記事を眺めていたところ、後輩から続けて一枚の写真が共有されてきた。

少し話がそれるが、この日本に、SIGMAという会社があり、その会社が作っている解像度上等のDPシリーズというカメラがある。



最新のシリーズはその見た目からさらに変態を極めている(笑)


このカメラは、確かに解像度は他のミラーレスなんかとは一線を画しているのだけど、カメラの基本機能としては、

  • 高感度(暗いところ)に弱い
  • 手振れしまくる。
  • 動作が遅い。
  • 基本RAW撮影で自分で現像が必要。
  • コンデジのくせに重い。

といった、かなり癖のあるカメラとなっていたりする。


しかし、その反面で、解像度だけで言うと、そこらへんの一眼レフを蹴散らす実力を持っている、と評価されていたりもする。


ちょっと遠まわりしたけど、そのカメラで撮影したというラーメンの写真がコレ。

是非クリックして最大化して見て欲しい。


チャーシューのあたりをじっくり見てほしい。

海苔のところを見てほしい。

浮いた脂のきらめきを見てほしい。

いや、なんかスゴくないスか!?

撮影条件が違う?掲載サイズが違う?ラーメンがあっちはトンコツじゃないか?スマホのカメラがあれば大きなカメラいらないですね、でしたっけ?

見ろ!○○○○○○などゴミのようだ!


これは”圧倒的”といって良いんじゃないだろうか。アレはおまけカメラ機能で、これがカメラだ!

僕は思わず、噴出し、大人気ないフレーズ群を頭にめぐらし、そして、安堵の心を得た


拝啓、全てのカメラオタクたちへ。

大丈夫。この趣味、イケてる(笑)



スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :